越発サスペンダー劇場

-NAM NAM EQUIPMENT-

ここではベトナム戦争中に使用された米軍のサスペンダーを紹介します。
サスペンダーについて情報がありましたら何でも伝言板へ投稿をお願いします!


上段 M1956 H-type SUSPENDER{M1956H型サスペンダー初期型}
中段 M1956 H-type SUSPENDER{M1956H型サスペンダー後期型}
下段 M1956 H-type SUSPENDER{M1956H型サスペンダー後期型裏地ナイロンタイプ}

M1956H型サスペンダーは全軍で使用されていた。
※ベトナム戦争中はM1956H型サスペンダー後期型の使用頻度が高い。
M1956H型サスペンダー初期型とM1956H型サスペンダー後期型の違いは
初期型の金具の前部が丸棒のフック型、後部がオープンフック型になっているのに対し、
後期型の前部がプレスされたフック型、後部がスプリングフック型になっている。
M1956H型サスペンダー初期型、M1956H型サスペンダー後期型と
M1956H型サスペンダー後期型裏地ナイロンタイプの違いは
初期型、後期型の裏地がコットンに対し、後期型裏地ナイロンタイプはナイロン製になっている。
全体の特徴としては初期型、後期型がコットン製で
後期型裏地ナイロンタイプの一部がナイロン製になっており、
前部後部のストラップの両側でサイズが調整出来るようになっている。
M1956H型サスペンダー後期型は別名M1961H型サスペンダーと呼ばれている。






*M1956H型サスペンダー初期型(上)とM1956H型サスペンダー後期型(中)とM1956H型サスペンダー後期型裏地ナイロンタイプ(下)のパット裏地*

M1956H型サスペンダー後期型とM1956H型サスペンダー後期型裏地ナイロンタイプのサイズ表記は 肩当の部分に表記されているが、M1956H型サスペンダー初期型のサイズ表記は下記の画像の位置に 表記されている。



*M1956H型サスペンダー初期型のサイズ表記位置*



*M1956H型サスペンダー初期型(左)とM1956H型サスペンダー後期型(右)の前部フック、
M1956H型サスペンダー初期型(左)とM1956H型サスペンダー後期型(右)の後部フック*



*M1956フィールド・パック・アダプター・ストラップ*

M1956フィールドパックを背負うためのストラップでH型サスペンダーに固定して装着するが、 使用されている画像をあまり見ることが出来ない。




*M1956スリーピング・バッグ・キャリング・ストラップ*

上段左は厚手コットン製、上段右は一部薄手コットン製、 下段左は一部厚手コットン製、下段右は厚手コットン製金具違いタイプになっている。 スリーピング・バッグ・キャリング・ストラップは H型サスペンダーに固定して装着し、 軍用の寝袋やポンチョライナーを装着したポンチョなどを運搬した。



*厚手コットン部分(上)と薄手コットン部分(下)*



*厚手コットン製金具違いタイプ(左)と厚手コットン製/一部薄手コットン製/薄手コットン/一部厚手コットン製(右)の金具*



*謎のM1956H型サスペンダー後期型カスタマイズ仕様?*

M1956H型サスペンダー後期型の前部に後付する形で後部用のストラップが 増設されている。

中央 M1967 H-type SUSPENDER{M1967H型サスペンダー}

M1967H型サスペンダーは主にベトナム戦争後期の特殊部隊系で使用されていた。
全体の特徴としてはナイロン製になっており、前部後部のストラップの両側で
サイズが調整出来るようになっている。




*M1967H型サスペンダー海兵隊フィールドパック用タイプ*

M1967海兵隊用フィールドパックを背負うためのサスペンダーになり、 フィールドパックに固定して装着するが使用されている画像をあまり見ることが出来ない。 右左のショルダーストラップはクイックリリースになっており、 緊急時に素早く脱着出来るようになっている。

《M1967H型サスペンダー海兵隊フィールドパックラベル》



*M1967スリーピング・バッグ・キャリング・ストラップ*

スリーピング・バッグ・キャリング・ストラップは H型サスペンダーに固定して装着し、 軍用の寝袋やポンチョライナーを装着したポンチョなどを運搬した。

中央 M1941 Straight-type SUSPENDER{M1941ストレート型サスペンダー}

M1941ストレート型サスペンダーは主に海兵隊で使用されていた。
全体の特徴としてはコットン製になっており、後部は背中で交差させることで
X型サスペンダーの形状になる。ストラップの両側でサイズが調整出来るようになっている。




*M1945ストレートサスペンダーパット初期型(上)とM1945ストレートサスペンダーパット後期型(下)*

中央 M1945 X-type SUSPENDER{M1945X型サスペンダー}

M1945X型サスペンダーは主に海兵隊やベトナム戦争初期の特殊部隊系で使用されていた。
全体の特徴としてはコットン製になっており、 ストラップの前部後部の両側でサイズが調整出来るようになっている。




*謎のM1945X型サスペンダーカスタマイズ仕様?*

一見するとM1945X型サスペンダーに見えるこの謎のサスペンダーは、 M1956H型サスペンダー後期型と同じ金具が使用されており、 M1945X型サスペンダーの前部にある補助ストラップが無くなっている。



*M1945X型サスペンダー(左)と謎のM1945X型サスペンダー(右)のフック部分*



*M1945X型サスペンダー(上)と謎のM1945X型サスペンダー(下)のフロント部分*

補足

まずベトナム戦争中の装備は年代や製造会社によっても若干の違いや、試作品なども多く見受けられ、 様々な装備、型番、型式が存在する為、上記の分別は大きく別けていることをご了承ください。
その為、ここでは呼称を○○-type SUSPENDERで統一しています。
※M1961装備に該当する物はM1956装備の後期タイプとしてあります。
※M1941、M1945、M1956、M1967は装備単体、装備一式としての名称を示しています。
※管理人自身深く追求していない為、情報が抜けている可能性があります。

謎のM1956H型サスペンダー後期型カスタマイズ仕様はカスタマイズされているのか定かではありません。 後付の可能性が高い為、ここではカスタマイズ仕様としました。 稀に同一のカスタマイズをしたサスペンダーを見ることができます。

M1956スリーピング・バッグ・キャリング・ストラップは 年代表示について厚手タイプがDSAから始まるものが多く、 金具違いタイプがQMもしくはDAから始まるものが多い為、 金具違いタイプを初期型、金具違いタイプ以外を後期型と定義してもよいかもしれません。

M1941ストレート型サスペンダーはOD色ですが、 それ以前はカーキ色として存在しています。 また海兵隊員は背部の交差部分を手榴弾の安全ピンのリングなどで 束ねてずれを防止しています。さらにストラップが肩に食い込み不評だったため、 上記の画像にもあるM1945ストレートサスペンダーパット(重装備用パッド)を 装着しているケースが多いようです。

M1945X型サスペンダーはOD色ですが、 それ以前はカーキ色、カーキ色とOD混合型として存在しており、 試作品としてナイロン製のX型サスペンダーが存在しています。 また別名でM1943サスペンダー、M1944サスペンダーとも言われています。

謎のM1945X型サスペンダーカスタマイズ仕様はカスタマイズされているのか定かではありません。 後付の可能性が高い為、ここではカスタマイズ仕様としました。 海外フォーラムなどでは実験用として紹介されている場合もありますが、 M1956H型サスペンダー後期型と同じ金具が使用されていることから M1956H型サスペンダー以前の実験用としては時系列が合わなく、 恐らく60年代にカスタマイズされた可能性が高いと思われます。 また別名でM1951サスペンダーとも言われています。

余談ですが1954type(EX-54)と呼ばれる実験用H型サスペンダーが存在します。 これはM1956H型サスペンダーの原型になり、 M1956H型サスペンダーとほぼ同じ構造になっていますが、細部に所々違う部分が見受けられます。 M1956H型サスペンダー初期型の金具の前部が丸棒のフックに付いている金具が、 ホームベース型になっているのに対し、実験用H型サスペンダーはループ型になっています。

余談ですがM1972Y型サスペンダーが存在します。 これはLINCLOE_LCE装備とLC-1装備の中間にある、M1972装備と呼ばれており、 LC-1Y型サスペンダーの原型になっています。
《M1972Y型サスペンダーラベル》

余談ですがLINCLOE_Y型サスペンダーが存在します。 これはM1967装備とM1972装備の中間にある、LINCLOE装備と呼ばれており、 M1972Y型サスペンダーの原型になっています。


{Special Thanks - Mr.u.da}