黄い巨塔

-NAM NAM EQUIPMENT-

ここではベトナム戦争中に使用された米軍のメディカルバック、ファーストエイドポーチ、サバイバルキットポーチを紹介します。
メディカルバック、ファーストエイドポーチ、サバイバルキットポーチについて情報がありましたら何でも伝言板へ投稿をお願いします!


左側 M1956 FIRSTAID/COMPASS POUCH{M1956ファーストエイド/コンパスポーチ初期型}
右側 M1956 FIRSTAID/COMPASS POUCH{M1956ファーストエイド/コンパスポーチ後期型}

M1956ファーストエイド/コンパスポーチは主に陸軍で使用されていた。
※ベトナム戦争中はM1956ファーストエイド/コンパスポーチ後期型の使用頻度が高い。
M1956ファーストエイド/コンパスポーチ初期型とM1956ファーストエイド/コンパスポーチ後期型の違いは
初期型の本体部分が縁取りされていないのと水抜きの穴が無いのに対し、
後期型は本体が縁取りされ、水抜の穴が存在している。
全体の特徴としてはコットン製になっており、ベルトキーパーでベルトに装着出来るようになっている。
M1956ファーストエイド/コンパスポーチ後期型は別名M1961ファーストエイド/コンパスポーチと呼ばれている。




*M1956ファーストエイド/コンパスポーチ初期型(左)とM1956ファーストエイド/コンパスポーチ後期型(右)の底*



*文字入りボタン*

M1956ファーストエイド/コンパスポーチに稀に見られる文字入りボタン。 【PULL THE DOT】と刻印されており、 ストロボライトケースなどに使用されているボタンと同じ文字になっている。 製造工場の違いか後付なのかは不明。

左側 M1967 FIRSTAID/COMPASS POUCH{M1967ファーストエイド/コンパスポーチ初期型}
右側 M1967 FIRSTAID/COMPASS POUCH{M1967ファーストエイド/コンパスポーチ後期型}

M1967ファーストエイド/コンパスポーチは主にベトナム戦争後期の特殊部隊系で使用されていた。
※ベトナム戦争中はM1967ファーストエイド/コンパスポーチの両タイプとも使用頻度は少ない。
M1967ファーストエイド/コンパスポーチ初期型とM1967ファーストエイド/コンパスポーチ後期型の違いは
初期型のボタンがプラスチック製になっているのに対し、後期型は真鍮製になっている。
全体の特徴としてはナイロン製になっており、ベルトキーパーでベルトに装着出来るようになっている。




*M1967ファーストエイド/コンパスポーチ初期型(左_プラスチック製)とM1967ファーストエイド/コンパスポーチ後期型(右_真鍮製)のボタン*

左側 FIRST AID KIT CASE{ファーストエイドキットケース初期型コットンタイプ}
右側 FIRST AID KIT CASE{ファーストエイドキットケース後期型コットンタイプ}

ファーストエイドキットケースは主に海兵隊で使用されていた。
ベトナム戦争中はファーストエイドキットケース後期型の使用頻度が高い。
ファーストエイドキットケース初期型とファーストエイドキットケース後期型の違いは
初期型の蓋部分にUSの文字だけに対し、後期型とUSの文字とCADUCEUS(医術の表象)マークが入っている。
全体の特徴としてはコットン製になっており、ベルトキーパーでベルトに装着出来るようになっている。
ファーストエイドキットケースは別名海兵ファーストエイドポーチと呼ばれている。




*ファーストエイドキットケース後期型コットンCADUCEUSマーク逆タイプ*

ファーストエイドキットケース後期型コットンタイプと比べ、 CADUCEUS(医術の表象)マークが逆さまにプリントされている。


中央 FIRST AID KIT CASE{ファーストエイドキットケースナイロンタイプ}

ファーストエイドキットケースナイロンタイプーはベトナム戦争中に使用されていたかどうかは未確認。
全体の特徴としてはナイロン製になっており、ベルトキーパーでベルトに装着出来るようになっている。




*ファーストエイドキットケースナイロンタイプのプラスチックケース*

中央 M1942 FIRSTAID/COMPASS POUCH{M1942ファーストエイド/コンパスポーチ}

M1942ファーストエイド/コンパスポーチは主にベトナム戦争初期の陸軍、
海兵隊、特殊部隊系で使用されていた。
全体の特徴としてはコットン製になっており、ボタンが差込型(リフト・ザ・ドット)、
ハトメに引っかけるフック式でベルトに装着出来るようになっている。




*ファーストエイドポーチMPタイプ*

MPなどが使用するファーストエイドポーチ。主にMPで使用されておりベルトを通して装着出来るようになっている。

左側 SURVIVAL KIT POUCH OPERATIONS{サバイバルキットポーチ作戦用}
右側 SURVIVAL KIT POUCH RESERVE{サバイバルキットポーチ予備用}

サバイバルキットポーチは主に特殊部隊系で使用されていた。
サバイバルキットポーチ作戦用とサバイバルキットポーチ予備用の違いは
作戦用の蓋部分にドットボタンが付いているのに対し、予備用はと蓋部分にドットボタンが付いていない。
全体の特徴としてはナイロン製になっており、ベロクロでベルトに装着出来るようになっている。


左側 FIRST AID KIT CASE AVIATOR{エアクルー用ファーストエイドキットケース初期型}
右側 FIRST AID KIT CASE AVIATOR{エアクルー用ファーストエイドキットケース後期型}

エアクルー用ファーストエイドキットケースは主にヘリクルーなどで使用されていた。
エアクルー用ファーストエイドキットケース初期型とエアクルー用ファーストエイドキットケース後期型の違いは
初期型の背面がベルトを通すタイプになっているのに対し、後期型はベロクロタイプになっている。
全体の特徴としては両タイプともコットン製で初期型がベルトを通して装着出来するか、
ベルトキーパー等を付けてベルトに装着出来るようになっており、
後期型はベロクロでベルトに装着出来るようになっている。




*エアクルー用ファーストエイドキットケース初期型(左)とエアクルー用ファーストエイドキットケース後期型(右)の背面*

一段目 MEDICAL PACK{メディカルバックコットン?タイプ初期型}※?は推測
二段目 MEDICAL PACK{メディカルバックコットン?タイプ後期型}※?は推測
三段目 MEDICAL PACK{メディカルバックビニロン?タイプ}※?は推測
四段目 MEDICAL PACK{メディカルバックナイロンタイプ}

このメディカルバックは主に全軍で使用されていた。
メディカルバックナイロンタイプはべトナム戦争中に使用されていたかどうかは未確認。
メディカルバックコットンタイプ初期型とメディカルバックコットンタイプ後期型の違いは
初期型の紐にボタンが無いのに対し、メディカルバックコットンタイプ後期型は
紐にボタンの差込型(リフト・ザ・ドット)になっている。
メディカルバックコットンタイプとメディカルバックビニロンタイプの違いは
コットンタイプがコットン製になっているのに対し、ビニロンタイプはビニロン製になっている。
メディカルバックコットンタイプ、メディカルバックビニロンタイプと
メディカルバックナイロンタイプの違いはコットンタイプ、ビニロンタイプの紐がコットン製になっているのに対し、
ナイロンタイプはナイロン製になっている。
全体の特徴としてはコットンタイプは本体がコットン製、
ビニロンタイプはビニロン製、ナイロンタイプはナイロン製になっており、
3タイプともスリングを肩からかけて使用するようになっている。
メディカルバックは別名ユニット・ワン、エイド・バックと呼ばれている。







*メディカルバックスリング*

上段はメディカルバックコットンタイプ初期型とメディカルバックコットンタイプ後期型と メディカルバックビニロンタイプのスリング、下段はメディカルバックナイロンタイプのスリングになっている。



*メディカルバックスリングフック*

メディカルバックコットンタイプ初期型とメディカルバックコットンタイプ後期型と メディカルバックビニロンタイプのスリングはフック部分が本体に装着している。



*CADUCEUS(医術の表象)マーク*

メディカルバックスリングにはCADUCEUS(医術の表象)マークが印字されている。

補足

まずベトナム戦争中の装備は年代や製造会社によっても若干の違いや、試作品なども多く見受けられ、 様々な装備、型番、型式が存在する為、上記の分別は大きく別けていることをご了承ください。
その為、ここでは呼称をM19xx装備に該当するものを○○ FIRSTAID/COMPASS POUCHで統一、 該当しない物はそれぞの名称で記述しています。
さらにここのページでは通常の兵士が持ち運んでいただろうと推測されるもの、 かつ医療品が入っているポーチに限定してあります。
ポーチ類の中身につては多種多様の為、ここでは省略させて頂きました。

ファーストエイド/コンパスポーチの名称は時期により異なる為、 下記にファーストエイド/コンパスポーチに印字されている確認しているものを書き加えておきます。

M1956ファーストエイド/コンパスポーチ初期型→CASE FIRST AID PACKET OR LENSATIC COMPASS

M1956ファーストエイド/コンパスポーチ後期型→CASE FIELD FIRST AID DRESSING UNMOUNTED MAGNETIC COMPASS
M1956ファーストエイド/コンパスポーチ後期型→LENSATIC COMPASS MAGNETIC
M1956ファーストエイド/コンパスポーチ後期型→COMPASS MAGNETIC

M1967ファーストエイド/コンパスポーチ初期型→CASE FIELD FIRST AID DRESSING UNMOUNTED MAGNETIC COMPASS
M1967ファーストエイド/コンパスポーチ後期型→CASE FIELD FIRST AID PACKET COMPASS

M1942ファーストエイド/コンパス→POUCH FIRST AID PACKET
M1942ファーストエイド/コンパス→COMPASS MAGNETIC LENSATIC
M1942ファーストエイド/コンパス→CASE FIRST AID PACKET OR LENSATIC COMPASS

※M1961装備に該当する物はM1956装備の後期タイプとしてあります。
※M1942、M1956、M1961、M1967は装備単体、装備一式としての名称を示しています。
※管理人自身深く追求していない為、情報が抜けている可能性があります。

M1956ファーストエイド/コンパスポーチ初期型で知人の情報によりますと 蓋に縁取りされているが縁取りされていないタイプも存在するとのことです。 もし存在するのであればこのタイプを最初期型と定義してもいいかもしれません。

M1967ファーストエイド/コンパスポーチ初期型はプラスチックボタンの為、 初期型と定義していますが定かではありません。 LC-1ファーストエイド/コンパスポーチが真鍮製の為、 ここではプラスチックボタンを初期型、真鍮製が後期型と定義しました。 諸説によるとプラスチックボタンが壊れてしまう為、真鍮製に戻ったとのことです。

ファーストエイドキットケースナイロンタイプは ほぼこの形状のままLC-1装備に継承しています。

M1942ファーストエイド/コンパスポーチはOD色ですが、 それ以前はカーキ色として存在しています。 またあまり一般的ではありませんが、別名でM1943ファーストエイド/コンパスポーチ、 M1945ファーストエイド/コンパスポーチとも言われています。

サバイバルキットポーチ作戦用にドットボタンがついていますが これは予備用と区別する為だけについてるフェイクボタンになります。

エアクルー用ファーストエイドキットケース初期型は年代から初期型と定義していますが定かではありません。 また画像はベルトキーパーが付いてますが実際のところはわかりません。

メディカルバックコットンタイプとメディカルバックビニロンタイプは 材質がビニロン製、コットン製と分類してありますが定かではありません。 この材質は共に全軍で使用されていた空軍やMPなどで使用されていた M16用20連マガジンポーチや全軍で使用されていた2QT水筒カバー後期型などにも使用されています。
またボタンが無いタイプがコットン製なので、 コットンタイプ初期型を最初期型、コットンタイプ後期型を初期型、ビニロンタイプを中期型、 ナイロンタイプを後期型と定義してもいいかもしれません。
制式名称はM3メディカルバックとなっており、 メディカルバックナイロンタイプはほぼこの形状のまま現用品(1980年代〜)に継承しています。

余談ですが1954type(EX-54)と呼ばれる実験用ファーストエイド/コンパスポーチが存在します。 これはM1956ファーストエイド/コンパスポーチの原型になり、 M1956ファーストエイド/コンパスポーチとほぼ同じ構造になっていますが、 細部に所々違う部分が見受けられます。

余談ですがLINCLOE_LCEファーストエイド/コンパスポーチが存在します。 M1967装備とM1972装備の中間にある、LINCLOE_LCE装備と呼ばれており、 このファーストエイド/コンパスポーチに関しては蓋の調整ができるよう プラスチックボタンが二つ付いており、横幅も広い仕様になっています。


{Special Thanks - Mr.KOSETU、Mr.ANO、Mr.JIDAKYU}