南ベトナムの天然水!

-NAM NAM EQUIPMENT-

ここではベトナム戦争中に使用された米軍の水筒を紹介します。
水筒について情報がありましたら何でも伝言板へ投稿をお願いします!


左側 M1956 1QT CANTEEN COVER{M1956水筒カバー初期型}
右側 M1956 1QT CANTEEN COVER{M1956水筒カバー後期型}

M1956水筒カバーは全軍で使用されていた。
※ベトナム戦争中はM1956水筒カバー後期型の使用頻度が高い。
M1956水筒カバー初期型とM1956水筒カバー後期型の違いは
初期型の蓋の部分の縁取りがコットン製になっているのに対し、後期型はナイロン製になっている。
全体の特徴としてはコットン製になっており、ベルトキーパーでベルトに装着出来るようになっている。
M1956水筒カバー後期型は別名M1961水筒カバーと呼ばれている。




*M1956水筒カバー初期型(左)とM1956水筒カバー後期型(右)の縁取り*



*M1956水筒カバー初期型の内張り*

M1956水筒カバー初期型の内張りはM1956水筒カバー初期型以前のもの(M1943水筒カバーなど)と同じく、 フェルト(左)になっているもとM1956水筒カバー後期型以後のものと(M1967水筒カバー初期型など)と同じく、 化繊パイル(右)になっているものが存在する。

左側 M1967 1QT CANTEEN COVER{M1967水筒カバー初期型}
右側 M1967 1QT CANTEEN COVER{M1967水筒カバー後期型}

M1967水筒カバーは主にベトナム戦争後期の特殊部隊系で使用されていた。
※ベトナム戦争中はM1967水筒カバーの両タイプとも使用頻度は少ない。
M1967水筒カバー初期型とM1967水筒カバー後期型の違いは
初期型のボタンがプラスチック製になっているのに対し、後期型は真鍮製になっている。
全体の特徴としてはナイロン製になっており、ベルトキーパーでベルトに装着出来るようになっている。


中央 M1967 1QT CANTEEN COVER{M1967水筒カバー最後期型}

M1967水筒カバー最後期型はベトナム戦争中に使用されていたかどうかは未確認。
M1967水筒カバー初期型、M1967水筒カバー後期型とM1967水筒カバー最後期型の違いは
初期型と後期型のステッチが縦のみに入っているのに対し、
最後期型は縦と横にステッチが入っている。
また初期型と後期型のフラップ裏側が補強材が入っていないのに対し、
最後期型から補強材が入っている。
同じく初期型と後期型のカバー底に水抜き穴が無いのに対し、
最後期型から水抜き穴が付いている。
全体の特徴としてはナイロン製になっており、ベルトキーパーでベルトに装着出来るようになっている。




*M1967水筒カバー初期型(左_プラスチック製)とM1967水筒カバー後期型(右_真鍮製)のボタン*



*M1967水筒カバー後期型(左_補強材無)とM1967水筒カバー最後期型(右_補強材有)のフラップの裏側*



*M1967水筒カバー後期型(左_水抜き穴無)とM1967水筒カバー最後期型(右_左_水抜き穴有)のカバー底側*




*M1961プラスチック製水筒(左)とM1910カップ(右)*

M1956水筒カバー後期型、M1967水筒カバー初期型、M1967水筒カバー後期型の支給時に配布されていた M1961プラスチック製水筒とM1910カップ。 M1961プラスチック製水筒のキャップはプラスチック金具でつながれている。

《M1961プラスチック製水筒ラベル》



*1964年APC社製(左)・1966年ABCON社製(中)・1967年M.W.,INC社製(右)*

M1961プラスチック製水筒は年代や製造会社によって、 色味やラベル形式が異なる。

《1964年APC社製水筒ラベル》《1966年ABCON社製水筒ラベル》《1967年M.W社製水筒ラベル》《1969年ZARN社製水筒ラベル》



*1QT水筒フィルター*

1QT水筒フィルターは濾過機能が付いている。
※画像のものは複製品です

中央 M1943 CANTEEN COVER{M1943水筒カバー}

M1943水筒カバーは主に海兵隊、ベトナム戦争初期の陸軍で使用されていた。
全体の特徴としてはコットン製になっており、ボタンが差込型(リフト・ザ・ドット)、
ハトメに引っかけるフック式でベルトに装着出来るようになっている。




*M1910アルミ製水筒(左)・M1910ステンレス製水筒(中)とM1910カップ(右)*

M1943水筒カバー、M1956水筒カバー初期型の支給時に配布されていたM1910アルミ製水筒・M1910ステンレス製水筒とM1910カップ。 M1910アルミ製水筒のキャップは鎖でつながれている。 またM1961プラスチック製水筒とM1910カップが支給後は、 M1943水筒カバーにM1961プラスチック製水筒とM1910カップを入れている画像を見ることが出来る。 M1910ステンレス製水筒は別名、M1910水筒、M1944水筒と呼ばれている。

《M1910アルミ製水筒ラベル》《M1910ステンレス製水筒ラベル》



*M1943水筒カバーUSMCスタンプ*

左側 2QT CANTEEN COVER{2QT水筒カバー最初期型}
右側 2QT CANTEEN COVER{2QT水筒カバー初期型}

この2QT水筒カバーは主にベトナム戦争初期の全軍で使用されていた。
※ベトナム戦争中は2QT水筒カバー初期型の使用頻度が高い。
2QT水筒カバー最初期型と2QT水筒カバー初期型の違いは
最初期型は飲み口がカバーの蓋で隠れているのに対し、初期型は露出している。
全体の特徴としてはナイロン製になっており、2QT水筒カバー最初期型はスリングを肩からかけて使用し、
2QT水筒カバー初期型はベルトキーパーでベルトに装着出来るようになっている。




*2QT水筒カバー最初期型、2QT水筒カバー初期型のビニール製水筒*

2QT水筒カバー最初期型と2QT水筒カバー初期型の支給時に配布されていたビニール製水筒。

《2QT水筒ビニール製水筒ラベル》

上段左側 2QT CANTEEN COVER{2QT水筒カバー後期型コットン?タイプ}※?は推測
上段右側 2QT CANTEEN COVER{2QT水筒カバー後期型ビニロン?タイプ}※?は推測
下段中央 2QT CANTEEN COVER{2QT水筒カバー後期型ナイロンタイプ}

この2QT水筒カバーは主にベトナム戦争後期の全軍で使用されていた。
2QT水筒カバー後期型コットンタイプと2QT水筒カバー後期型ビニロンタイプの違いは
コットンタイプがコットン製になっているのに対し、ビニロンタイプはビニロン製になっている。
2QT水筒カバー後期型コットンタイプ、2QT水筒カバー後期型ビニロンタイプと
2QT水筒カバー後期型ナイロンタイプの違いはコットンタイプ、
ラバータイプの内張りは化繊パイルが無いのに対し、ナイロンタイプは化繊パイルが付いている。
全体の特徴としては2QT水筒カバー後期型コットンタイプは本体がコットン製で
浄水剤入れがコットン製、2QT水筒カバー後期型ビニロン製は本体がビニロン製で
浄水剤入れがナイロン製、2QT水筒カバー後期型ナイロンタイプは本体と
浄水剤入れがナイロン製になっており、3タイプともスリングを肩からかけて使用するか、
ベルトキーパーでベルトに装着出来るようになっている。


中央 2QT CANTEEN COVER{2QT水筒カバー最後期型ナイロンタイプ}

2QT水筒カバー最後期型ナイロンタイプはベトナム戦争中に使用されていたかどうかは未確認。
全体の特徴としてはナイロン製でスリングを肩からかけて使用するか、
ベルトキーパーでベルトに装着出来るようになっている。




*2QT水筒カバー後期型コットンタイプ、2QT水筒カバー後期型ラバータイプ、
2QT水筒カバー後期型ナイロンタイプ、2QT水筒カバー最後期型のプラスチック製水筒*

2QT水筒カバー後期型コットンタイプ、2QT水筒カバー後期型ラバータイプ、 2QT水筒カバー後期型ナイロンタイプ、2QT水筒カバー最後期型の支給時に配布されていたプラスチック製水筒。 当時は2種類のタイプが存在していた。 プラスチック製水筒とキャップはプラスチック金具でつながれている。

《2QT水筒プラスチック製水筒ラベル(左)》《2QT水筒プラスチック製水筒ラベル(右)》



*2QT水筒カバー後期型コットンタイプ、2QT水筒カバー後期型ラバータイプ、
2QT水筒カバー後期型ナイロンタイプ、2QT水筒カバー最後期型のスリング*

中央 5QT CANTEEN COVER{5QT水筒カバー}

5QT水筒カバーは主にベトナム戦争後期の全軍で使用されていた。
全体の特徴としてはナイロン製で四隅の細い紐で他の装備に結ぶようになっており、
水が入っていない場合にはコンパクトにたためるようになっている。




*フローテーションション・ビニール製水筒*

5QT水筒カバーの支給時に配布されていたフローテーションション、ビニール製水筒。 名前の通り、フローテーション(浮き袋)用としても使用が出来るようになっている。

《フローテーションション・ビニール製水筒ラベル》



*キャップ鎖タイプ(左)とキャップ紐タイプ(右)*

2QT水筒カバー最初期型、2QT水筒カバー初期型、5QT水筒カバーなどに入れる ビニール製の水筒は、水筒とキャップがをつないでいるものが 鎖タイプと紐タイプの2種類が存在している。また蓋にも年代が表記されている。



*謎の5QT水筒カバー?*

一見すると5QT水筒カバーに見えるこの謎の水筒カバーは、 素材が異なり厚い生地で出来ており、紐の形状も異なっている。 また年代等も一切表記されていない。



*5QT水筒カバーの紐(上)と謎の5QT水筒カバーの紐(下)*

上段左側 Arctic Canteen Cover{寒冷地用水筒カバー初期型}
上段右側 Arctic Canteen Cover{寒冷地用水筒カバー中期型}
下段中央 Arctic Canteen Cover{寒冷地用水筒カバー後期型}

寒冷地用水筒カバーはベトナム戦争中に使用されていたかどうかは未確認。
寒冷地用水筒カバー初期型と寒冷地用水筒カバー中期型の違いは
初期型がフック式になっているのに対し、 中期型がフック式とベルトキーパーの混合仕様になっている。
中期型と後期型の違いは
中期型がフック式とベルトキーパーの混合仕様になっているに対し、 後期型はベルトキーパーになっている。
全体の特徴としてはコットン製になっている。






*寒冷地用水筒カバー初期型(上)、寒冷地用水筒カバー中期型(中)、寒冷地用水筒カバー後期型(下)の背面*



*寒冷地用ステンレス製水筒(左)とカップ(右)*

寒冷地用水筒カバー支給時に配布されていたステンレス製水筒。 寒冷地仕様の為、ステンレスの二重真空構造になっている。

《寒冷地用ステンレス製水筒ラベル》

補足

まずベトナム戦争中の装備は年代や製造会社によっても若干の違いや、試作品なども多く見受けられ、 様々な装備、型番、型式が存在する為、上記の分別は大きく別けていることをご了承ください。
その為、ここでは呼称を○QT CANTEEN COVER、水筒自体の呼称を○○製水筒で統一してあります。
また2QT、5QTはM1956装備等に該当しない為、2QTとして一つ体系にしてあり、 一般的には2QT水筒カバー後期型ビニロンタイプは2QT水筒カバーの初期型、 2QT水筒カバー後期型ナイロンタイプは2QT水筒カバーの後期型と呼ばれていますが、 ここではこのタイプの形をすべて後期型とし、それを基点とし最初期型、初期型、最後期型と定義しました。
※M1961装備に該当する物はM1956装備の後期タイプとしてあります。
※M1910、M1943、M1956、M1961、M1967は装備単体、装備一式としての名称を示しています。
※管理人自身深く追求していない為、情報が抜けている可能性があります。

M1956水筒カバー初期型の内張りがフェルトになっているタイプでは、 年代表示がDAから始まる古いタイプが多い為、このタイプを最初期型と定義してもよいかもしれません。

M1967水筒カバー初期型はプラスチックボタンの為、初期型と定義していますが定かではありません。 LC-1水筒カバーが真鍮製の為、ここではプラスチックボタンを初期型、真鍮製が後期型と定義しました。 諸説によるとプラスチックボタンが壊れてしまう為、真鍮製に戻ったとのことです。
またM1967水筒カバーの試作品が存在します。試作品はM1967水筒カバーの表面にある縦4本のステッチが無く、 底の両端が空いています。

M1967水筒カバー最後期型は最後期型と分類していますが定かではありません。 何でも質問箱で情報の提供があり、 DSAai発注証明書番号)の年代が75年(DSA100-75-C-0524)のもので、M1967とプリントされていたため、 ここでは他のM1967装備の最後期型と同じ定義にしました。
《M1967水筒カバー最後期型ラベル》
このタイプは74年頃から製造されはじめており、 この横2本のステッチ、フラップ裏側の補強材はその後の現行品に継承しています。

M1961プラスチック製水筒はほぼこの形状のまま現用品(1980年代〜2000年代)に継承しています。 M1910カップはベトナム戦争以前から形状が変わっておらず、 その後取っ手が変更されたカップが支給されています。

1QT水筒フィルターは資料によると特殊部隊に限定的に支給されています。

M1943水筒カバーはOD色ですが、それ以前はカーキ色として存在しています。 また装備名としてはM1910水筒カバーと呼ばれています。
さらに資料によると表面がM1943水筒カバーと同じボタンの差込型(リフト・ザ・ドット)で、 裏面がハトメに引っかけるフック式では無く、M1956水筒カバー初期型などと同じベルトキーパーで、 ベルトに装着出来るようになっているM1953水筒カバーが存在するとのことです。 ただし、これは改造しただけの可能性もあり、別の資料によるとベルトキーパーは M1956水筒カバー以降に採用されたと記述されているものもありますので定かではありません。

M1910ステンレス製水筒は形状が変更になったのが1942年で、 従来のM1910アルミ製水筒と区別する為、一般的にはM1942ステンレス水筒と言われています。 確証はありませんがM1910アルミ水筒はキャップの素材などが変更になったのが恐らく1944年で、 従来のM1910アルミ製水筒と区別する為、マニア呼称ではM1944アルミ製水筒と言われています。 M1910アルミ製水筒は60年代、M1942ステンレス製水筒は50年代まで製造されています。

2QT水筒カバー最初期型は第二次世界大戦中に使用されたカーキ色のコットン製(JQD-311 フック式)の 改良型、ナイロン版になっています。

2QT水筒カバー後期型コットンタイプと2QT水筒カバー後期型ビニロンタイプは 材質がビニロン製、コットン製と分類してありますが定かではありません。 この材質は共に全軍で使用されていた空軍やMPなどで使用されていた M16用20連マガジンポーチや全軍で使用されていたメディカルバックなどにも使用されています。

2QT水筒カバー最後期型は最後期型と分類していますが定かではありません。 DSAai発注証明書番号)の年代が72年(DSA100-72-C-1556)だった為、ここでは他のM1967装備の最後期型と同じく、最後期型と定義しました。

2QT水筒プラスチック製水筒(左)はほぼこの形状のまま現用品(1980年代〜)に継承しています。

5QT水筒カバーはほぼこの形状のまま現用品(1980年代〜)に継承しています。

謎の5QT水筒カバーですが、68年(DSA100-68-C-2742)製のフローテーションション・ビニール製水筒と 密封された状態になっているものを確認しています。 ただし実物のフローテーションション・ビニール製水筒に 後からカバーのみを後付けした可能性があり、レプリカの可能性もあります。

寒冷地用水筒カバー後期型と寒冷地用ステンレス製水筒はほぼこの形状のまま現用品(1980年代〜1990年代)に継承しています。

余談ですが1954type(EX-54)と呼ばれる実験用水筒カバーが存在します。 これはM1956水筒カバーの原型になり、M1956水筒カバーとほぼ同じ構造になっていますが、 細部に所々違う部分が見受けられます。

余談ですがLINCLOE_LCE水筒が存在します。 これは一般的にはLC-1装備の初期型と言われており、 M1967装備とM1972装備の中間にある、LINCLOE_LCE装備と呼ばれています。 この水筒に関してはベルトキーパーがプラスチックになっており、 ある資料で「COVER WATER CANTEEN」とプリントされいるのを確認しています。


{Special Thanks - Mr.bickyikeda}