ベルトをギュッとね!

-NAM NAM EQUIPMENT-

ここではベトナム戦争中に使用された米軍のベルトを紹介します。
ベルトついて情報がありましたら何でも伝言板へ投稿をお願いします!


上段 M1956 PISTOL BELT{M1956ベルト初期型}
中段 M1956(M1966) PISTOL BELT{M1956ベルト後期型}※()の中はマニア呼称、恐らく誕生年
下段 M1967(M1972) PISTOL BELT{M1967ベルト}※()の中はマニア呼称、恐らく誕生年

M1956ベルトとM1967ベルトは主に陸軍で使用されていた。
※ベトナム戦争中はM1956ベルト初期型、M1956ベルト後期型の使用頻度が高い。
M1956ベルト初期型とM1956ベルト後期型の違いは
初期型のラインが横目になっているのに対し、後期型は縦目になっている。
M1956ベルト初期型、M1961ベルト後期型とM1967ベルトの違いは
M1956ベルト初期型、後期型がコットン製に対し、M1967ベルトはナイロン製になっている。
全体の特徴としては両側でサイズが調整出来るようになっている。
M1956ベルト後期型は別名M1961ベルトと呼ばれている。


上段 M1961 PISTOL BELT{M1961ベルト最初期型?}※?は推測
中段 M1961 PISTOL BELT{M1961ベルト初期型}
下段 M1961 PISTOL BELT{M1961ベルト後期型?}※?は推測

M1961ベルト(M1956ベルト後期型の別名M1961ベルトとは異なる)は主に海兵隊で使用されていた。
※ベトナム戦争中はM1961ベルト初期型の使用頻度が高い。
M1961ベルト最初期型とM1961ベルト初期型の違いは
最初期型のボタンが丸山になっているのに対し、初期型は平らになっている。
M1961ベルト最初期型、M1961ベルト初期型とM1961ベルト後期型の違いは
最初期型、初期型のラインが横目になっているのに対し、後期型は縦目になっている。
全体の特徴しては片側でサイズの調整が出来るようになっており、
ポーチ類を装着出来るスナップボタンが付いている。
M1961ベルトは別名海兵ベルトと呼ばれている。




*M1961ベルト最初期型(左)とM1961ベルト初期型(右)のボタン*



*M1961ベルト初期型(左)とM1961ベルト後期型(右)のバックル*

M1961ベルト最初期型とM1961ベルト初期型のバックルは、 ベトナム戦争以前に使用されていたベルトのバックルの先端と同じく四角タイプになっており、 M1961ベルト後期型のバックルの先端は M1956ベルト初期型、M1956ベルト後期型、M1967ベルトなどと同じく丸いタイプになっている。 またM1961ベルト初期型とM1961ベルト後期型の片側の縫い止めが異なっている。 ※下記の画像を参照



*M1961ベルト初期型(左)とM1961ベルト後期型(右)の縫い目*



*謎のM1961ベルト?*

一見するとM1961ベルトに見えるこの謎のベルトは、 M1961ベルト最初期型とM1961ベルト初期型のバックルと同じく、 ベトナム戦争以前に使用されていたベルトのバックルの先端と同じく四角タイプになっており、 スナップボタンも丸山で同じタイプになっている。
M1961ベルトとの大きな違いはM1961ベルトのスナップボタンがベルトに対して 一定間隔の割合で付いているのに対し、 この謎のベルトはフックの中穴と中穴の中間に付いている。 ※下記の画像を参照



*謎のM1961ベルト(上)とM1961ベルト初期型(下)*

上段 M1956(M1965) DAVIS PISTOL BELT{M1956ベルト初期型DAVISタイプ}※()の中はマニア呼称、恐らく誕生年
中段 M1956(M1966) DAVIS PISTOL BELT{M1956ベルト後期型DAVISタイプ}※()の中はマニア呼称、恐らく誕生年
下段 M1967(M1972) DAVIS PISTOL BELT{M1967ベルトDAVISタイプ}※()の中はマニア呼称、恐らく誕生年

DAVISと呼ばれるこのバックルはクイックリリースといい、
ベルトの脱着が簡易に出来るようになっている。
M1956ベルト初期型DAVISタイプとM1956ベルト後期型DAVISタイプは
M1956ベルト初期型、M1956ベルト後期型の改良型としてベトナム戦争後期から採用され、
M1967ベルトDAVISタイプはM1956ベルト初期型、M1956ベルト後期型の改良型として引き継がれた。
DAVIS社ロゴが入っておらずUSと入ったバックル(下記の画像)も存在している。




*DAVIS社ロゴ(左)とUSロゴ(右)*



*ライトウェイトリュックサック用ウエストベルト*

一見するとM1956ベルト後期型DAVISタイプに見えるこのベルトは、 ライトウェイトリュックサックに付属している専用ベルトになり、 ライトウェイトリュックサックに固定して装着する。 M1956ベルト後期型DAVISタイプを二つ重ねたような形状をしており、 フック穴が3つ穴と2つ穴で構成されている。 DAVISバックルの形状は同じだが、オス側の大きさが若干異なり、 ライトウェイトリュックサック用ベルトのDAVISバックルが M1956ベルト後期型DAVISタイプに比べ一回り小さくなっている。 ※下記の画像を参照



*M1956ベルト後期型DAVISバックル(左)とライトウェイトリュックサック用ウエストベルトDAVISバックル(右)*

上段 M1936(M1944) PISTOL BELT{M1936ベルト初期型}※()の中はマニア呼称、恐らく誕生年
下段 M1936(M1944) PISTOL BELT{M1936ベルト後期型}※()の中はマニア呼称、恐らく誕生年

M1936ベルトは主にベトナム戦争初期の陸軍、特殊部隊で使用されていた。
※ベトナム戦争中はM1936ベルトの両タイプとも使用頻度は少ない。
M1936ベルト初期型とM1936ベルト後期型の違いは
初期型のバックルが四角タイプになっているのに対し、後期型は丸いタイプになっている。
全体の特徴しては片側でサイズの調整が出来るようになっており、
ポーチ類を装着出来るスナップボタンが付いている。


上段 M1923 GARAND BELT{M1923ガーランドベルト}
下段 M1937 BAR BELT{M1937BARベルト}

M1923ガーランドベルト、M1937BARベルトは主にベトナム戦争初期の陸軍、特殊部隊で使用されていた。
全体の特徴しては背面でサイズの調整が出来るようになっており、マガジンポーチと一体型になっている。


-補足-

まずベトナム戦争中の装備は年代や製造会社によっても若干の違いや、試作品なども多く見受けられ、 様々な装備、型番、型式が存在する為、上記の分別は大きく別けていることをご了承ください。
その為、ここでは呼称をPISTOL BELT、○○ BELTで統一してあります。
※M1961装備に該当する物はM1956装備の後期タイプとしてあります。
※M1923、M1936、M1937、M1956、M1961、M1961(MC)、M1967は装備単体、装備一式としての名称を示しています。
※M1944、M1965、M1966、M1972は定かではありませんがマニア呼称で恐らく誕生年を指しています。
※管理人自身深く追求していない為、情報が抜けている可能性があります。

憶測ですがM1956ベルト以降のベルトを時系列に並べてみると下記のようになります。

M1956 PISTOL BELT{M1956ベルト初期型}

M1956(M1965) DAVIS PISTOL BELT{M1956ベルト初期型DAVISタイプ}

M1956(M1966) PISTOL BELT{M1956ベルト後期型 別名M1961ベルト}

M1956(M1966) DAVIS PISTOL BELT{M1956ベルト後期型DAVISタイプ 別名M1961後期型DAVISタイプ}

M1967 DAVIS PISTOL BELT{M1967ベルトDAVISタイプ}

M1967(M1972) PISTOL BELT{M1967ベルト}

M1956ベルト後期型は知人の情報によりますとDSAai発注証明書番号)表示で63年の物が存在し、 かなり早い時期から生産されているようです。

DAVISはM1956ベルト初期型とM1956ベルト後期型のDAVISタイプとして採用され後、 M1967ベルトDAVISタイプで採用されましたが、 バックルが安易に外れるという欠点もあり、兵士には不評だった一面も見受けられます。 その為、通常バックルのM1967ベルトに戻り、その流れを組みLC-1ベルトへと移行していったと推測できます。 デービス自体は金具単体でも存在し通常のバックルからDAVISに交換しているものも存在しています。

ライトウェイトリュックサック用ウエストベルトは ライトウェイトリュックサックのマニュアルで確認することができ、 ある資料でMサイズはREGULARとLARGEの2種類あることを確認しています。 また資料等では使用している画像を多く見ることができませんが、 比較的早い時期から使用されている画像を確認することができます。

M1956ベルト以前のベルトとしてM1936ベルト、M1923ガーランドベルト、M1937BARベルトが存在します。
M1936ベルトは初期型、後期型と分類してありますが定かではありません。 M1936ベルトの初期型のバックルがベトナム戦争以前に使用されていたバックルが四角タイプである為、 四角タイプを初期型、丸いタイプを後期型と定義しました。 M1936ベルトの後期型は実際は制式には存在せず、M1936ベルト初期型を改造しただけの可能性もあります。
M1936ベルト初期型でDSAai発注証明書番号)表示で67年の物を確認しており、かなり遅い時期まで生産されているようです。
またM1936ベルト前期型、M1936ベルト後期型、M1923ガーランドベルト、M1937BARベルトはOD色ですが、 それ以前はカーキ色として存在しています。

上記以外に海兵隊独自の装備としてM1961ベルトが存在します。
M1961ベルトは最初期型、初期型、後期型と分類してありますが定かではありません。 M1961ベルトの最初期型は海兵ベルトの特徴であるスナップボタンが ベトナム戦争以前に使用されていたベルトなどのスナップボタンと同じく丸山で形が酷似しているので、 最初期型として定義しました。ただしM1961ベルトのスナップボタンは穴が有るのに対し、 ベトナム戦争以前に使用されていたベルトのスナップボタンは穴が空いていません。 知人の情報によりますとベトナム戦争以前に使用されていたベルトと 同じく穴が空いていない丸山のスナップボタンを使用したM1961ベルトが 存在するとのことですので、存在した場合はそれを最初期型と定義してもよいかもしれません。 また最初期型では67年の物が存在しているようなので、 初期型と同時期に生産され併用されていた可能性があります。 後期型ではバックルが画像の丸いタイプでは無く、初期型と同じ四角タイプも存在するかもしれないと いうことなのですが定かではありません。さらにベルト自体についても実際は制式には存在せず、 M1956ベルト後期型を改造しただけの可能性もあります。

謎のM1961ベルトはOD色ですが、それ以前はカーキ色(M1936ベルト初期型15ボタンタイプ)として存在しています。 ある資料によるとM1945ベルトという説とM1936ベルト海兵verとする説が記載されていますが確認まで至っていません。

余談ですがM1972ベルトが存在します。 これは一般的にはLC-1装備の初期型と言われており、 M1967装備とLC-1装備の中間にある、M1972装備と呼ばれています。 このベルトに関してはM1972のプリントを確認しています。


{Special Thanks - Mr.ANO、Mr.u.da}