バンダリア紀行

-NAM NAM EQUIPMENT-

ここではベトナム戦争中に使用された米軍のバンダリア類を紹介します。
バンダリアについて情報がありましたら何でも伝言板へ投稿をお願いします!


5.56mm(M16) bandoleer{5.56mm弾(M16)用バンダリア}

5.56(5.56x45mm NATO)弾を収容するバンダリア。

-本体部分の両端がギザギザ切断タイプ-

5.56MM
BALL M193
10RD CLIPS
LOT xxxxxx

MARCH 1967





-本体部分の両端がストレート切断タイプ-

5.56MM
BALL M193
10RD CLIPS
LOT LC12381

11/67





-スリング部分が本体素材と同タイプ-

5.56MM
BALL M193
10RD CLIPS
LOT LC 4-39

NOV 7/74




*本体部分の両端がギザギザ切断タイプ(左)と本体部分の両端がストレート切断タイプ(右)の縁取り*



*本体部分の両端がストレート切断タイプ(左)とスリング部分が本体素材と同タイプ(右)のスリング部分*



*5.56mm弾(M16)用バンダリア6ポケットタイプ*

5.56(5.56x45mm NATO)弾を収容するバンダリアの6ポケットタイプ。
同じM193バンダリアと同じ印字だがポケットの数と大きさが異なり、 また7.62mm弾(M14)用バンダリアとほぼ同じ形状になる。


5.56MM
BALL M193
10RD CLIPS
LOT LC 2-679

3-70



*5.56mm弾(M16)用バンダリア6ポケットタイプ(上)と7ポケットタイプ(下)の比較*




*5.56mm弾(M16)用バンダリア6ポケットタイプ(上)と7.62mm弾(M14)用バンダリア(下)の比較*




*安全ピン*

バンダリアに付属している安全ピン。 スリング部分の長さ調整用として使用する。

7.62mm(M60) bandoleer{7.62mm弾(M60)用バンダリア}

7.62(7.62x51mm NATO)弾を収容するバンダリア。

-初期型-

NATO 7.62MM
LINKED
BALL M80
100RDS
LOT LCL 12416

AUG 1963 7





-後期型-

NATO 7.62MM
LINKED
1 TRACER M62
4 BALL M80
100RDS
LOT LCL 139709

6-71





-後期型スリング部分が本体素材と同タイプ-

7.62MM NATO
LINKED
1 TRACER M62
4 BALL M80
100RDS
FUNO LOT
LCL 139824

9-67




*7.62弾収納箱(Cardboard)*



*謎の7.62弾収納箱(Cardboard)*

7.62弾収納箱と同じ形状で色違いタイプ。 一見すると防水処理されているように見える。




*7.62mm弾(M60)空砲用バンダリア*

7.62(7.62x51mm NATO)弾空砲用バンダリア。弾薬の種類によって印字が異なる。

NATO 7.62MM
LINKED
BLANK M82
100 RDS
LOT LCL 13013

6-68



*オーストラリア軍 7.62mm弾(M60)用バンダリア*

ベトナム戦争に参加していたオーストラリア軍の7.62mm弾(M60)用バンダリアは 7.62mm弾(M60)用バンダリア-初期型-と同形状になっている。
自衛隊も同形状のバンダリアを使用している。

40mm Grenade(M79/XM148/M203) bandoleer{40mmグレネード(M79/XM148/M203)用バンダリア}

40mmグレネード弾を収納するバンダリア。

-本体【ブラウン】/ストラップ【ブラウン】/ポケットフラップ【ブラウン】/ボタン【丸山ボタン】タイプ-
※中央部縫い目が直線タイプ





-本体【ブラウン】/ストラップ【ブラウン】/ポケットフラップ【ブラウン】/ボタン【穴空丸山ボタン】タイプ-
※中央部縫い目が直線タイプ





-本体【ブラウン】/ストラップ【グリーン】/ポケットフラップ【ブラウン】/ボタン【穴空丸山ボタン】タイプ-
※中央部縫い目が四箇所留タイプ





-本体【ホワイト】/ストラップ【ブラウン】/ポケットフラップ【ブラウン】/ボタン【丸山ボタン】タイプ-
※中央部縫い目が直線タイプ





-本体【ホワイト】/ストラップ【グリーン】/ポケットフラップ【グリーン】/ボタン【穴空丸山ボタン】タイプ-
※中央部縫い目が直線タイプ





-本体【OD】/ストラップ【ブラウン】/ポケットフラップ【ブラウン】/ボタン【穴空丸山ボタン】タイプ-
※縫い目【直線タイプ】タイプbr>




-本体【グリーン】/ストラップ【グリーン】/ポケットフラップ【カーキ】/ボタン【丸山ボタン】タイプ-
※中央部縫い目が直線タイプ





-本体【グリーン】/ストラップ【グリーン】/ポケットフラップ【グリーン】/ボタン【丸山ボタン】タイプ-
※中央部縫い目が直線タイプ





-本体【グリーン】/ストラップ【グリーン】/ポケットフラップ【グリーン】/ボタン【丸山ボタン】タイプ-
※中央部縫い目が四箇所留タイプ





-本体【グリーン】/ストラップ【グリーン】/ポケットフラップ【グリーン】/ボタン【穴空丸山ボタン】タイプ-
※中央部縫い目が直線タイプ





-本体【グリーン】/ストラップ【グリーン】/ポケットフラップ【グリーン】/ボタン【リングボタン】タイプ-
※中央部縫い目が直線タイプ





-プラスチックタイプ-




*中央部縫い目が四箇所留タイプ(上)、中央部縫い目が直線タイプ(下)*

右肩と左肩から2枚を交差して使用しても、重なりにくくならないように バンダリアの中央部分はブランクになっており、縫い目が四箇所留タイプと 直線タイプが存在する。



*丸山ボタン(左)、穴空丸山ボタン(中央)、リングボタン(右)*



*40mmグレネード弾用プラスチックエッグケースカバー*

バンダリア内部に40mmグレネード弾を保護するケースカバー。 卵型をしている為、エッグケースと言われている。


7.62mm(M14) bandoleer{7.62mm弾(M14)用バンダリア}

7.62(7.62x51mm NATO)弾を収容するバンダリア。

-本体部分の両端がギザギザ切断タイプ-

NATO 7.62MM
BALL M80
5RD CLIPS
WRA 22190

AUG 1961





-本体部分の両端がストレート切断タイプ-

NATO 7.62MM
BALL M80
5RD CLIPS
WRA 22772

JUL 67




*本体部分の両端がギザギザ切断タイプ(左)と本体部分の両端がストレート切断タイプ(右)の縁取り*

.30 Carbine(M1/2Carbine) bandoleer{.30 カービン弾(M1/2カービン)用バンダリア}

.30 カービン(7.62x33mm)弾を収容するバンダリア。

CAL30 CARBINE
BALL M1
10RD CLIPS
LC-50-242

7/71


.30-06 Springfield(M1Garand) bandoleer{.30-06 スプリングフィールド弾(M1ガーランド)用バンダリア}

.30-06 スプリングフィールド(7.62x63mm)弾を収容するバンダリア。

-本体部分の両端がギザギザ切断タイプ-

CAL30 BALL M2
8RD CLIPS
LC39942

OCT 1962





-本体部分の両端がストレート切断タイプ-

CAL30 BALL M2
8RD CLIPS
LC42658

12/67




*本体部分の両端がギザギザ切断タイプ(左)と本体部分の両端がストレート切断タイプ(右)の縁取り*



*.30-06 スプリングフィールド弾(M1ガーランド)焼夷用バンダリア*

.30-06 スプリングフィールド(7.62x63mm)弾焼夷用バンダリア。弾薬の種類によって印字が異なる。

CAL30 API M14
8RD CLIPS
LC12020

DEC 1959

40mm Cartridge(XM674/XM675) bandoleer{40mmカートリッジ(XM674/XM675)用バンダリア}

40mmカートリッジ弾を収納するバンダリア。



補足

まずベトナム戦争中の装備は年代や製造会社によっても若干の違いや、試作品なども多く見受けられ、 様々な装備、型番、型式が存在する為、上記の分別は大きく別けていることをご了承下さい。
その為、ここでは○○用バンダリア(bandoleer)という呼称で統一してあります。

5.56mm弾(M16)用バンダリアは定かではありませんが ストラップ部分がナイロン製のものは ベトナム戦争後のタイプとして広く認識されています。 またあまり一般的ではありませんが、 別名でM3弾薬帯とも言われています。

5.56mm弾(M16)用バンダリア-本体部分の両端がギザギザ切断タイプ-は イレギュラーか、製造過程の違いなどの可能性があります。

7.62mm弾(M60)用バンダリアは初期型、後期型と分類してありますが定かではありません。 ベトナム戦争後の7.62mm弾(M60)用バンダリアも後期型と同じ形状をしている為、 このタイプを後期型、蓋が付いてる形を初期型と定義しました。 ストラップ部分がナイロン製のものは ベトナム戦争後のタイプとして広く認識されています。 またあまり一般的ではありませんが、 別名でM4弾薬帯とも言われています。

7.62mm弾(M60)用バンダリア-初期型-ですが、蓋に弾薬方向を示す印字が無いタイプを 資料で確認しています。これはイレギュラーか、製造過程の違いなどの可能性があります。

40mmグレネード(M79/XM148/M203)用バンダリアは 一般的にはブラウン色が初期型、グリーン色が後期型と呼ばれていますが、 年代表示が無く、上記の画像以外にも複数のタイプの存在が確認されており、 実際には分別することが難しくなっております。 その為、40mmグレネード(M79/XM148/M203)用バンダリアを一つの体系としました。 色についてですが、OD色は部分ごと(本体や蓋)などでも色の濃さが変わっておりますが、 便宜上、OD色と表示してあります。また白色は肌色に近い色になっておりますが、 これは色が褪せた可能性もありますので便宜上、白色と表示してあります。 また定かではありませんがボタンの部分が平ら・穴空になっている物は ベトナム戦争後のタイプとして広く認識されています。

40mmグレネード(M79/XM148/M203)用バンダリアで
-本体【ホワイト】/ストラップ【ブラウン】/ポケットフラップ【グリーン】/ボタン【丸山ボタン】タイプ/縫い目【直線タイプ】-、
-本体【ブラウン】/ストラップ【ブラウン】/ポケットフラップ【ブラウン】/ボタン【穴空丸山ボタン】/縫い目【四箇所タイプ】タイプ-、
-本体【OD】/ストラップ【OD】/ポケットフラップ【OD】/ボタン【丸山ボタン】/縫い目【四箇所タイプ】タイプ-
になっているものを資料で確認しています。

40mmグレネード(M79/XM148/M203)用バンダリア-プラスチックタイプ-ですが、 ある資料によるとXM651E1弾用となっています。

プラスチックカバーは一般的にOD色タイプを初期型、 白色タイプが後期型と言われています。 また白色タイプで画像中央と画像下のもので若干高さが違っています。

7.62弾(M14)用バンダリアはあまり一般的ではありませんが、 別名でM2弾薬帯とも言われています。

7.62mm弾(M14)用バンダリア-本体部分の両端がギザギザ切断タイプ-は イレギュラーか、製造過程の違いなどの可能性があります。

.30-06 スプリングフィールド弾(M1ガーランド)用バンダリア-本体部分の両端がギザギザ切断タイプ-は イレギュラーか、製造過程の違いなどの可能性があります。



{Special Thanks - Mr.ANO、Mr.JIDAKYU、Mr.KOSETU}